CATEGORY ふたなり悪魔っ子

ふたなりエロ漫画 ふたなり悪魔っ子にペットとして飼われ大量の精液ぶっかけられるお話

可愛いふたなり悪魔っ子に一方的におもちゃにされるだけ。。
ふたなりザーメンぶっかけられたいM男さんだけ聴いてください。。

―――――――――――――――――――――――――――――――――

あらすじ

目が覚めたら薄暗い部屋の中
身体は動かない
しばらくすると耳の尖った灰色の肌の少女が現れる
あきらかに人間じゃない…

淡々と話し続ける少女
どうやら僕は性欲処理道具の家畜にされるらしい…

小さい少女とは不釣り合いの大きなあそこ
久々の性欲処理道具が手に入って興奮気味なのか
小さい手で自慰を始めた
我慢汁がどんどん溢れ、にゅっちにゅっちと擦るたびに
匂いが広がって…僕の身体にも透明な液体が飛び散る…

本編 13:06

Voice
しりかげる 様

CG 台本
へっぽこドM

ふたなりエロ漫画 ふたなり悪魔っ子にチンカス掃除させられ口をオナホみたいに使われて喉に精液流し込まれるお話

あなたは悪魔っ子の性欲処理道具のペット(家畜)として飼われる事になりました。

ふたなり悪魔っ子 2話目
【注:マニアックな上級者向け音声です。。】
可愛いふたなり悪魔っ子に一方的におもちゃにされるだけ。。
あなたは気持ちよくしてもらえません。。
舌、口、喉、それらを使い一方的にご奉仕するだけ。。です。。

―――――――――――――――――――――――――――――――――――――

もう2日ご飯を食べていない。。
いい子にしていれば生かしてあげると言われたのは嘘だったのか。
このまま餓死させるつもりなのか。。

彼女が帰ってきた。

やっと…ご飯をもらえるようだ。。

え? ふたなりちんぽの中にご飯がある。。って?
何を言っているんだろう。。頭がボーっとして何も考えられない。

目を閉じて、、舌を尖らせるように、と彼女が命令する。
逆らえない。。
にゅるるっ… 彼女の皮の中の味がゆっくり広がっていく。。

本編 16:20